法話図書館 【名取芳彦のちょっといい話】ブログ

平成14年から連載された名取芳彦(なとり・ほうげん)先生のちょっといい話 ブログ版です。携帯電話からも見られます。
<< 第8話 物事への関心度がわかるゲーム | TOP | 第10話 苦 ―ご都合通り― >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | -
第9話 お題拝借の裏事情
今回は皆さんからお題をいただくことにした裏事情―仏教加減乗除の秘密―について書きます。

私の師僧が、晩年言っていた言葉に
「どんなことだって仏教という教えで割ってみれば、余りはでないはずだよ」
というのがあります。

なるほど、先人たちは、鐘の音にさえ「諸行無常」を感じました。
[鐘の音÷仏教=諸行無常の教え]なんです。
[鶯の声÷仏教=法華経の大切さ]なんです。
音や鳴き声なんか、ただの音波だ、教えなんか無いよ、と言ってしまえば、仏教では扱えない範疇があることになります。でも、そんなはずはないだろうと思います(一種のロマンですかねえ……)。

一方で、仏教は私たちの生活に根ざしたものでないと困ります。そうでなければ、私もお坊さんになっていません。諸行無常の教えが私たちと遊離していては「何、それ?」でオワリです。
つまり、どんなことだって、足しても、引いても、かけても、割っても仏教なら大丈夫だと思うわけです。つまり、加減乗除の秘密です。

法話のお題というと、難しく考えがちですが、何でもいいんです。
餅、ファイアーウォール、赤、禁煙でもいいんです。どうだ、このお題で書いてみろ的ノリでOKです。本音を言いますと、タイトル考えるの、大変なんです。

そんな訳で次回は「苦」でいきます。

※ただいまお題の募集は受け付けていません。ご了承ください。
posted by houwa-natori | 00:00 | ちょっといい話 | comments(0) | -
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする