法話図書館 【名取芳彦のちょっといい話】ブログ

平成14年から連載された名取芳彦(なとり・ほうげん)先生のちょっといい話 ブログ版です。携帯電話からも見られます。
<< 第10話 苦 ―ご都合通り― | TOP | 第12話 一人前 ―子供が居ても居なくても― >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | -
第11話 関係ねえよ!
地下鉄でホームを下りたら、ジベタリアンと呼ばれる種族の一人に出会った。
服装が女子高校生だからコギャルのジベタリアンである。さぞやお尻が冷たかろうと思うと、昨今毛糸のパンツやら、紺パンと呼ばれる短パンもはいているのだそうだ。ヨカッタ。
でも、若い女の子が、ホームの地べたに座ってケイタイしているのは、どうもおかしいから言ってあげようと思った。
「お嬢さん、そんな格好でいるの、ヘンだよ」
思っただけで、結局、言わなかった。
「ぅるせーな!あんたに関係ねえだろ!」
とたしなめられそうだったからだ(何だか今回はオジサンっぽいな……)。

しかし、その後で思った。世の中に、関係ない、なんてことはないというのが、坊さんたる私が持っているべき世界観ではなかったか。
帝釈天が住む世界には、空に巨大な網が張りめぐらされている。その網の結び目はパチンコ球のようなものでできている。だから、一つの球には、その世界全てが写っているし、その球も他の球に写っている(これを帝網重々−たいもうじゅうじゅう−の世界と言います)。私たちの世界も帝網重々なのだ。

冒頭の女の子とは、同じ時刻にホームにいたという関係がある。否、同じ時代に生きている、人間同士という関係だってあるのだ。「関係ねえ」なんて言わせないぞ!(ホントに今回は酔っぱらいオヤジのたわごとみたいだ……)

次回は「一人前」でいきます。
posted by houwa-natori | 13:35 | ちょっといい話 | comments(1) | -
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 13:35 | - | - | -
コメント
本当です。関係ないという言葉はありませんよね。みなご縁で結ばれていますものね。でも一番の近い縁で結ばれている人と仲良くなれないってことありますよね。本当に悩んでいます。
2007/07/17 7:02 AM by だいちゃん
コメントする